イーオン・オンライン・ライティング英文添削
TOP 特長 授業料 ご入会までの流れ
  1. 英会話イーオン
  2.  >> オンライン英会話TOP
  3.  >> オンライン・ライティング英文添削
  4.  >> よくあるご質問

オンライン英会話・よくあるご質問

よくあるご質問
Q1. どのくらいのペースで提出すればよいのですか?
1週間に1課題を目安に学習するとよいでしょう。課題を提出したら、添削アドバイスを元によく見直し、アドバイスを次の課題制作に活かしましょう。早ければよいというものではありません。

Q2. 添削をするのは外国人ですか?日本人はいますか?
添削はライティング専属のネイティブの専任教師が担当します。日本人スタッフもおりますので、ご質問は英語、日本語どちらでも大丈夫です。課題を送信すると、原則として7日後に添削された課題が返信されます。

Q3. 「e-mailビジネスライティング」と「ビジネスフリーライティング」の違いは何ですか?
e-mailビジネスライティングはあらかじめサイト内に用意されている55トピックスの中から自由に10トピックスを選択し、各トピックごとの課題について英文を作成します。ビジネス場面でのe-mailの書き方を基本から学びたい方にオススメです。
ビジネスフリーライティングは計10回フリースタイルで英文を作成します。課題も受講者様が決めて頂くことができます。すでにビジネス文書を書いていてその文書を添削してほしいという方や、中上級のライティング・スキルをお持ちの方にオススメです。

Q4. 文法の勉強に役立ちますか?
はい。とても役立ちます。会話と違い、じっくりと取り組むことができますから、文法をあいまいにしたまま先に進むことがありません。また、ネイティブの先生が丁寧に添削および間違いの指摘をしますから、笑ってごまかしつつその場を取り繕い、ごまかしてしまうこともできません。時には厳しい指摘もあるかも知れませんが、だからこそ勉強になるのです。

Q5. 書くことよりも話す方が好きなのですが
意外に思われるかも知れませんが、ライティングはスピーキングと相関関係があります。ライティングが正確になるとスピーキングも同時に正確になります。また、ライティングは自分の思想を相手に伝えるという性格上、冗長なものを省き真意をストレートに伝える努力が求められます。ライティングが上手な人は、話すときもシンプルに自分の言いたいことをしっかりと伝えられる傾向があります。

Q6. 文字数の制限はありますか?
はい。添削課題においては文字数制限がございます。2000文字を越える文章は提出できませんのでご注意下さい。目安としては約300語です。

Q7. 添削結果はメールで送られてくるのですか?
いいえ。添削後の課題はWebから閲覧していただく形となります。これは一見不便そうですが、自宅からだけでなく、会社や学校など出先でも閲覧できるようになるというメリットがあります。たとえば高校や大学で居残り学習をしているときや、仕事で急に必要になり参照したくなったときでもインターネットにアクセスできればいつでも自分の添削課題やトピック、教材を参照できます。

Q8. 辞書を使ってもいいのですか?
はい。もちろんかまいません。辞書を引いて意味や用法を確認することも重要な勉強の一つです。初めのうちは辞書や教材、参考文献を使いながらじっくり取り組みましょう。しかし慣れてきたら辞書なしでも臨んでみましょう。ライティングの場面において辞書が常に手元にあるとは限りませんから。

Q9. とても難しそうなのですが、私でも大丈夫ですか?
英検®3級くらいの力があれば、ライティングは十分可能です。補助教材も充実していますし、お手本を参考にすることができますのでご安心ください。しかしライティングで何よりも重要なのが「伝えたい」と思う気持ちです。たとえばあこがれの映画スター、バンド、スポーツ選手などにファンレターを書いてみたい、と思ったことが誰にもあることでしょう。それを実現するための手段ですから、もしそういった願望があるのなら、がんばってみましょう。

Q10. どんなパソコンが必要ですか?
当センターで動作を確認しているパソコンの環境は以下のとおりです。
○ 対応機種: Windows Vista/7/8/8.1/10(日本語版)搭載機種
○ ブラウザ: Internet Explorer 9.0以上
○Flash Player 最新版が必要なレッスンがあります。
無料体験レッスン
申込
法人向けサービス
よくあるご質問
お問い合わせ
英会話イーオン