スクールブログ

 

4

高得点を獲得する秘訣★PART 5のコツ!2018.04.06(16:00)


5月の本試験に向けて、勉強を開始されている方!
今日はPART5のポイントを一つご紹介します★

英語には数えられる名詞(可算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)があります。不可算名詞の場合、対応する動詞は単数形になります。

 例:There is unattended luggage.
この場合、luggage は「荷物」という集合名詞で、荷物1つ1つを指さない名詞になるため、動詞も単数になります。

では次の問題はどうでしょう。
The closet has a lot of clothes in it, so there isn't left for extra stuff.
 (A) many rooms
 (B) many room
 (C) much rooms
 (D) much room

正解は(D)

ここではroomは「お部屋」ではなく、「空間」の意味で、不可算名詞になります。

 他にはnews, information, equipment, furniture が数えられません。
 数える場合は、a piece of informationのように表します。

 前のブログを見るスクールブログ トップ次のブログを見る 

お気軽にお申し込みください Web割2倍キャンペーン実施中!

無料体験レッスン・カウンセリングのお申し込み

0800−111−1111 携帯PHS OK 月〜金:10時〜21時 / 土日祝:10時〜19時(一部の電話機およびIP電はからはつながりません)