スクールブログ

 

1

ナチュラルな日本語訳!2019.01.09


ナチュラルな日本語訳!

こんにちは
Ryujiです。

英語の勉強をしていると
こんな表現日本語でも使わないなぁ、ということありませんか?

たとえば助動詞に
must + 動詞 (〜に違いない)
could + 動詞 (〜かもしれない)
might + 動詞 (〜かもしれない)


そもそも「〜に違いない」とか日本語でも言ったことない。
could と mightはさっぱり違いが伝わってこない。
そういう私のような人のために思い切って、
日本語を現代風な言い方で置き換えてみます。

must (ぜったい、〜だ)
could(こともある)
might(もしかすると、〜かも)


It must snow tomorrow. (明日はぜったい雪が降る)
It could snow tomorrow. (明日雪ってこともある)
It might snow tomorrow. (もしかすると明日は雪かも)

英会話学校では、こんな違いをしっかりと覚えられるんですよ。
使い分けられたら自然にニュアンスが表現できてカッコいいですよね。
今回の表現はGear Upのテキストからでした。

お問合せ先
フリーコール0800-111-1111
WEB予約は特典付き♪

大人のコース
選べるおためしレッスン 1/15(火)まで!
5回 9,900円/10回 19,800円(全て税抜)
通常コース 
入学金32,400円無料!1/31(木)まで!

キッズコース
入学金(10,800円)無料
    +

来年4月前までの準備レッスンプレゼント!
※詳細についてはスタッフまでお願い致します
締切:1/31(木)まで!

 前のブログを見るスクールブログ トップ次のブログを見る 

お気軽にお申し込みください Web割2倍キャンペーン実施中!

無料体験レッスン・カウンセリングのお申し込み

0800−111−1111 携帯PHS OK 月〜金:10時〜21時 / 土日祝:10時〜19時(一部の電話機およびIP電はからはつながりません)