子供英会話イーオンキッズ 総合TOP > 保護者の皆さまへ

保護者の皆さまへ

ご準備できていますか? 国立大入試の英語が、民間の資格・検定試験で測られるようになります。

日本の大学入試制度は大きく舵が切られました。長らく続いた国立大学の「大学入試センター試験」は、2020年度から「大学入学共通テスト」に変わります。知識偏重でなく思考力と判断力を問うことを目的に改革され、英語は「聞く・話す・読む・書く」の4技能が測られます。このテストは、英検®やTOEIC® L&Rテストなど民間試験の中から活用が決まっています。国は23年度までの4年間を移行期間として、新たな民間試験と現行のマークシート式試験の両方を受験生に課し、24年度から民間試験に全面移行することを決めています。これを背景に、小学校から大学入試まで一貫した英語教育もすすみます。
イーオンは、学校教育の未来を予測したカリキュラムや教材作りを行ってきました。他の英会話スクールと異なるのは、年齢別に日本人の子どもに最適化した教材とプログラムを開発する「イーオン語学教育研究所」があり、そのノウハウにより早い時期から効率的に「聞く・話す・読む・書く」4技能が身につきます。英語でコミュニケーションを実践する外国人教師と、きめ細やかな配慮でお子様の英語力を効果的に伸ばしていく日本人教師がいることも特長です。戦後最大の英語教育改革の動きを精査し、歴史ある民間の英会話スクールとして力強く支援します。

日本の英語教育は「早期化」「教科化」され、知識を活用する方向に大きく変わります!

小学校の英語の授業は、いつどのように変わる?

学校教育の現場では、これまでに経験がないほどグローバル化が加速しています。2017年3月に小学校・中学校における次期学習指導要領が公示されました。高等学校や高大接続となる大学入試については2018年度中の公示が予定されています。
今回の公示により、小学校5・6年生では英語が「正式な教科」となり、年間70時間(週2回に相当)の授業が行われます。また、小学校3・4年生では、現行では実施されていない「外国語活動」が導入されます。これらは2020年度から施行されますが、先行実施も検討されています。一部自治体(熊本県など)では、すでに2018年4月から小学校での先行実施を発表しています。

「外国語活動」と「教科の英語」、どう違うの?

「外国語活動」は英語の音に慣れ親しみ、「英語コミュニケーションに対する関心や意欲、態度を育てること」が目標です。その内容は「聞く」「話す」ことが中心になります。「教科の英語」では、「英語によるコミュニケーション能力の基礎を養うこと」が目標になります。「聞く」「話す」に加え、簡単な「読む」「書く」内容も導入されます。教科になることで、検定教科書が使われ、成績がつくようになります。

大学入試が変わり、中高の英語にも変革の波が!

英検®・TOEIC® L&R テストの内容、どう変わったの?

大学入試で英語4技能試験や民間の英語検定試験の導入が急ピッチで進められている中、
検定試験の活用促進に対応するために英検®・TOEIC® L&R テストが変更されます。

社会に出たら、すぐ英語力が求められる?!

企業の国際化が進み、対応できるグローバル人材が幅広い職種で求められています。
英語は社会人のコミュニケーションツールとして、もはや欠かせないスキルになっています。

子供英会話イーオンキッズ 総合TOP > 保護者の皆さまへ

このページの先頭へ戻る