子供英会話イーオンキッズ 総合TOP > 小学生クラス 1・2年生トップ > 年齢別のオリジナル教材

小学生クラス 1・2年生 体験型のレッスン

4月から新教材でスタート!

レッスンで使用する教材は、1・2年生の発達段階に
あわせて、子どもの興味を自然と引き出しながら、
英語の総合力をつけていくオリジナル教材です。

世界的な教材出版社センゲージラーニング社と共同開発した小学生用新教材。
グローバルな時代を生き抜くために、一歩先を行く未来型教材として業界の注目を集めています。

教材は6レッスン1ユニット(全7ユニット)で構成されています。

テキストを使ったレッスンと、ワークブックとCDを使った自宅学習
との相乗効果で、英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」
とともに、「自ら情報を発信する力」をつけていきます。

スプラッシュ (導入)

各ユニットで学ぶテーマがイメージできる写真を配置。子どもたちの発見する喜びや自由な発想を促します。

子どもたち自身にゴール設定を意識させる事で学ぶ意欲を高める工夫がされています。

ボキャブラリー(単語・表現)

テーマに沿った単語や表現を学びます。このユニットでは洋服の呼び方や色などを覚えて使えるようにしていきます。

音声を聞いて問題を解く練習をします。この頁ではWhite skirt、Brown shoesなどの音声を聞き、絵を線で結びます。

フォニックス(音と文字の関係)を学びます。習っていない単語も読めるようになります。

習った単語や表現を書く練習をします。

習った単語や表現を使い、自分のことや身の回りのことに置き換えて話す練習をします。自ら発信する力をつけていきます。

ワークブック

レッスンで習った単語や表現は、自宅学習用のワークブックで復習します。

ワークブックでは書く練習もします。

ストラクチャー (構文)

イラストの登場人物の会話を通して、構文(文の組み立て方)を学びます。

テーマに合わせて、文の作り方のルールを紹介します。文法にも少しずつ慣れていきます。

聞く、書く、話す、歌うなど様々なアクティビティで、習った構文をくり返し使い、定着させます。

ワークブック

レッスンで習った構文は、自宅学習用のワークブックで復習します。

次のレッスンで発表するミニプレゼンテーションのアイデアを絵に描きます。

リテラシー(読み)

ユニットのテーマに沿った文章を読み、内容を理解するためのスキルを身につけます。

設問に答えることで、自然に読み方のコツがわかるように工夫されています。ここでは表などを使って情報を整理する練習をします。

ストーリーの場面を再現したり、お話の続きを考えたりすることで、創造力や発信力を養います。

ユニットのテーマに関連したストーリーを声を出して読んでいきます。

ワークブック

レッスンで習った読み方のコツを使って、文章を読んで、問題を解きます。

上手に発表するために注意することを意識することで、プレゼンテーション能力を養います。

プロジェクト (課題発表)

英語を使って人前で堂々と自分の意見を伝えたり、発表したりする力を育てます。

クラスメイトの発表に対して、コメントや質問ができたかをチェック。聞く力も同時に養います。

ユニットで習った単語や表現、構文を使いながら発表できるように準備します。

ユニットの最初の頁に設定されたゴールに到達したかを振り返ります。

上手に発表できたかどうか自らチェックします。

ワークブック

ユニットで学習した内容を復習します。
英検®形式の問題に慣れていきます。

【会話コース】 ENGLISH OCEAN -RED-

【会話コース】ENGLISH OCEAN  -RED-

会話テキスト・・・2冊(CD2枚・DVD2枚付き)
ワークブック・・・2冊(CD2枚付き)
ストーリーブック(絵本)・・・7冊
プレゼン用ポートフォーリオ・・・2セット

【読み書きコース】ABC Magic

【読み書きコース】ABC Magic

テキスト・・・2冊
CD・・・2枚
ストーリーブック・・・6冊
ノート・・・2冊

| できるようになること | 新時代のプログラム | 体験型のレッスン |
| オリジナル教材 | よくあるご質問 | 保護者様の声 |
よくあるご質問

クラス・月謝 検索ラグビー日本代表応援キャンペーン 学費5,000円割引

  検索

お気軽にお申し込みください Web割・最大5,000円

無料体験レッスンのご予約

0800−111−1111 携帯PHS OK 月〜金:10時〜21時 / 土日祝:10時〜19時(一部の電話機およびIP電はからはつながりません)

子供英会話イーオンキッズ 総合TOP > 小学生クラス 1・2年生トップ > 年齢別のオリジナル教材

このページの先頭へ戻る