英会話イーオン総合TOP > インフォメーション > ニュースリリース

ニュースリリース

2019.03.25

「イーオンデジタルプロジェクトAEON DX」、
第1弾として「イーオン・ネット・キャンパスアプリ」を提供開始

〜英語力の上達を科学し、上達に向けた学習効率の最大化を目指す共同プロジェクト〜

 英会話教室を運営するイーオン、KDDI、およびKDDIデジタルデザインは、教育とICTを組み合わせた「EdTech」を推進する「イーオンデジタルプロジェクトAEON DX」(以下 「AEON DX」)を始動します。その第一弾として、スマートフォンなどで利用可能なイーオン生徒向けの自宅学習サポート無料アプリ「イーオン・ネット・キャンパスアプリ」(以下 本アプリ)を2019年3月31日より提供開始します。

 「AEON DX」では、ビッグデータとアナリティクス技術を活用し、「生徒の上達に向けた学習効率の最大化」「英語学習を快適に行える場の提供」のさらなる推進を目指しています。現在、生徒の学習状況(自習やレッスン習熟度)と、英会話力の可視化を実現するため、データ収集、およびデータに基づいた最適な学習アドバイスを行うためのパイロット検証を進めており、改めて自宅での予習・復習が生徒にとって重要であることが浮き彫りになりました。この課題解決に向けた「AEON DX」の第1弾として、本アプリを導入します。

 本アプリは、生徒専用の自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」のコンテンツの一部をスマートフォンなどでご利用いただけるようになります。
 生徒の学習ログを解析することで、生徒ごとの理解度や課題を明確にし、これらの情報を教師にフィードバックします。生徒の上達度が可視化され、教師が生徒それぞれに最適な学習方法を提案可能となることで、生徒の英語学習に対するモチベーション向上に繋げていきます。

 また、これまで冊子やブラウザ上で行っていた自宅学習を、ログインなしでオフラインでも利用可能なアプリとして提供することで、生徒の利便性を向上させ、移動中やすきま時間などに英語に触れる時間を増やし、英会話上達のさらなる促進をサポートしていきます。

 イーオン、KDDI、KDDIデジタルデザインは、「AEON DX」を通して「EdTech」のさらなる推進を図り、次世代の英語教育に貢献していきます。

■イーオン・ネット・キャンパスアプリ概要

1.コンテンツ

・レッスン振替システム
・個別メッセージ機能
・学習コンテンツ 「構文練習帳」「動画で学習する」「教材音源で学習する」
 ※2019年4月以降、順次、コンテンツを拡大予定

2.画面イメージ

3.対応OS

・iPhoneのみ対応(iOS 10以降)。2019年秋頃にAndroid版の提供を予定しています。

■「AEON DX」における各社の役割

イーオン:英会話力向上の為の指導的な知見による企画業務
KDDI:コンシューマ向け通信事業の知見による企画業務並びに、先進技術の導入
KDDIデジタルデザイン:デジタル化のグランドデザイン及び開発

※「iOS」は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※「Android」は、Google LLCの商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

【イーオンについて】
 イーオンは1973年に創業以来、日本人に最適な語学教育を通し、世界で通用する人材育成に高い評価をいただいています。日本人の英語上達のためにオリジナル教材を開発。人格、指導力ともに優れた日本人教師と外国人教師を採用。それぞれの強みを活かした効果的なレッスンで、苦手を克服しながらコミュニケーション力を高め、ビジネス英語や資格取得に大きな成果を挙げています。
 イーオンでは、安心して英語を学んでいただくために、
 ●生徒様の授業料に対して、「前受金分別信託制度」導入しています。
 ●外国人教師の99%は北米で採用。来日後は全員日本の社会保険に加入させています。
 ●文部科学省所管の「全国外国語教育振興協会」の加盟校です。
株式会社イーオン(本社所在地:東京都新宿区、代表者:三宅義和)は、現在、全国主要都市に250校を有し、幼児から学生、社会人の方々が通いやすく学びやすい環境とカリキュラムを構築。グループ全体で生徒数10万人を超える実績とともに、その約50%は未来を担う子どもたちであることもイーオンの信頼の証しです。
◆イーオン公式HP:https://www.aeonet.co.jp/

  • 無料体験レッスン・コース説明会のお申し込み
  • ニュースリリース
  • レポート
  • Special Information