A・can エイ・キャン英語脳を刺激するWebマガジン

TOEIC®テストの殿堂
ここはTOEIC®テストの達人が集まる“TOEIC®テストの殿堂”。
カタカナConfusion
普段は普通に使っているカタカナ語。これって英語なの?
Lars&MotokoのN.Y.通信
エネルギッシュで好奇心旺盛な二人からNYのホットな情報をお届けします!
英語力をアップさせるために知っておきたいこと
英語の力をほんとうの意味で伸ばすためには。
英語力アップの学習法
「隙間時間」を上手に使い楽しみながら簡単に行える学習法をいくつかご紹介。
私の英会話生活
始めてみるとワクワクする英会話のある生活
LINK

ピーター・ラティマーのThe UK & Ireland Times アイルランド在住のイーオン語学教育研究所スタッフ、ピーター・ラティマーが海外のホットな情報をお届けします。

The Build-Up To Christmas
2011.12.07 Peter

The Christmas season here begins on 1st November. First a few Christmas-themed TV commercials appear, then shops start playing Christmas music and by mid-November, Christmas is everywhere. In every shopping centre you'll find Santa Claus waiting to have a Christmas photograph taken with children, and most cities will have a Christmas lights switch-on ceremony around a large Christmas tree. Some people even decorate their houses in the middle of November.

ここではクリスマスシーズンは11月1日から始まります。まずクリスマスをテーマにしたテレビのCMがちらほらと流れ始め、店はクリスマスの音楽を流し始めます。そして11月半ばには、すべてがクリスマス一色になります。どこのショッピングセンターに行っても、子どもたちと一緒に写真撮影をしてくれるサンタクロースが待っているでしょう。たいていの街では、大きなクリスマスツリーを囲んでライトの点灯式が行われます。11月の半ばに家を装飾する人たちさえいます。

Of course, Christmas is the season for parties and from mid-November on, just about every office, club and organisation has a Christmas dinner - the Christmas season has its very own cuisine including mince pies※1, mulled wine※2, roasted marshmallows, nut roast※3, Christmas cake※4, Christmas pudding※5, shortbread※6, turkey and more.

もちろん、11月半ばからクリスマスパーティーのシーズンです。どこのオフィスでも、またクラブや団体でも、クリスマスの夕食パーティーがあります。ミンスパイやマルドワイン、焼きマシュマロ、ナットロースト、クリスマスケーキ、クリスマスプリン、ショートブレッド、七面鳥など、クリスマスシーズン独特の料理があります。

With all the partying, work becomes a little less important at this time of year. Workers might be allowed some alcoholic drinks in the office. In companies I've worked in, we've spent the last working day before Christmas just playing cards. The party season stops very suddenly on Chritmas Eve. It's a little like 31st December in Japan - shops close early, pubs close early and it's hard to find a bus or train as the country closes down for Christmas Day. For children it's the most exciting day of the year and for adults it's a day to be lazy and greedy (it's normal to gain a few kilograms at Christmas!).

パーティーざんまいのこの時期、仕事は少し重要度が低くなり、職場では多少のアルコール飲料が許されることもあります。私が働いていた会社では、クリスマス直前の出勤日は、トランプをして過ごしました。パーティーはクリスマスイブにはぴたっとなくなります。 日本の大晦日に少し似ていますが、国じゅうがクリスマス当日に向けて休むので、店やパブが早々と閉まりバスや電車はなかなか見つけることができません。子どもたちにとってはこの日は一年でいちばんわくわくする日であり、大人にとってはだらだらしてがつがつする日です。(クリスマスに2、3キロ体重が増えるのは普通です!)

Some people say the Christmas season is much too long. But everywhere is nicely decorated, people make time to meet friends and nobody cares if your work is finished or not. That sounds pretty good to me!

クリスマスシーズンが長すぎると言う人もいます。しかし、どこかしこがきれいに装飾され、みんなが友人と集まるための時間を作り、仕事が終わるかどうかなどは誰も気にしないのです。私にとってはこれはとてもいいことです!

※1 Mince pie: ドライフルーツが中に入ったパイ。昔はひき肉 (minced meat) が入っていたことからこのように呼ばれている。

※2 Mulled wine: スパイスを入れて温められた赤ワイン。

※3 nut roast: ナッツ類を野菜などと一緒にかたまり状にして焼いたもの。

※4 Christmas cake (British-style): スグリ、レーズン、スルタナ、サクランボなどドライフルーツの入った砕けやすいケーキ。

※5 Christmas pudding (British-style): 糖みつ、黒砂糖、ブランデー、フルーツが入った、黒くて丸いケーキ。

※6 shortbread: バターをたくさん入れたさくさくしたクッキーのようなもの。



The Japanese Community
2011.11.11 Peter

In recent years the number of immigrants to Northern Ireland has been growing and there's a small Japanese community here now too. Some are here to study, some are on long-term business with Japanese companies and some are here through international marriage. Its focal point is the "Japanese Society Of Northern Ireland," which gives the local Japanese a chance to meet up once in a while and perhaps enjoy some Japanese things which are usually difficult to find here - like proper Japanese food!

近年、ここ北アイルランドに移住して来る人の数は増え続けており、ここにも日本人の小さなコミュニティがあります。勉強のために来ている人もいれば、日本企業から長期赴任してきている人もいれば、国際結婚してここに住んでいる人もいます。中心的に活動しているのは『北アイルランド日本協会』であり、地元の日本人向けに定期的に会合などを開き、ここでは普通手に入りにくいような日本のもの、例えばきちんとした日本食などを楽しむ機会を提供しています。

Occasionally some of our local Japanese people visit schools to teach language and culture. Recently, three Japanese ladies visited my old primary school. They taught the children some Japanese greetings, some origami and introduced them to the 7-5-3 festival.

時々、地元の日本人が、学校で日本語や日本文化について教えることもあります。最近、日本人女性3人が私の母校の小学校を訪問しました。子どもたちに日本語でのあいさつの仕方やおりがみ、そして七五三の紹介をしてくれました。

When the tragic events of March 2011 occurred, the local Japanese people, particularly home makers, wanted to do something to help people back in Japan. Across Northern Ireland they set up fund-raising and awareness events. While helping to raise money, local people got the chance to do things like learn about tea ceremony, wear kimonos, try taiko, etc.

2011年3月の悲劇の際は、地元の日本人ら、特に主婦の方々が、日本の人たちのために何かの手助けをしたいと考え、北アイルランド全域でチャリティイベントを行いました。募金活動をする過程で、地元の人々は日本の茶道を学んだり、着物を着たり、太鼓をたたいたりする機会を得ました。

The Japanese community has even been involved in movie-making here! Recently, a short movie called Yuki was shot entirely in Northern Ireland. Incredibly, it was set in Japan (including one scene at Mount Fuji!), was in Japanese and featured a 100% Japanese cast!

日本人コミュニティは、北アイルランドの映画製作にさえも携わっています!最近『ユキ』という短編映画がすべて北アイルランドで撮影されました。驚いたことに、映画の舞台は(富士山のシーンも含めて)日本で、日本語の、そして100%日本人キャストによる映画でした!

One of the local Japanese people, Yuko, commented on her life in Northern Ireland: "I like Northern Ireland. It takes a little time to get used to the more casual attitude to life here, especially with customer service and public transport, but most people are very welcoming, and I have to admit, the selection of chocolate is amazing!"

北アイルランドに住む日本人のユウコさんは、ここでの生活について次のようにコメントしています。「私は北アイルランドが気に入っているんです。ここの人たちの気楽な生活態度に慣れるには少し時間がかかりますが。特にカスタマーサービスや公共交通機関は(律儀な)日本とは違いますから。でもほとんどの人がとても親切ですし、それからチョコレートの種類が多くてすばらしいということは認めざるをえません!」



A Divided Society
2011.10.20 Peter

Northern Ireland is a divided place. Around half the native population is from a British Protestant Christian background and a similar number is from an Irish Catholic Christian background. Traditionally, most Protestants have wanted Northern Ireland to stay in the UK, while most Catholics have wanted it to join the Irish Republic. These divisions mean certain aspects of life here are a little unusual:

北アイルランドには分裂があります。地域人口の約半数が英国のプロテスタント系で、残りの半数が地元アイルランドのカトリック系です。以前から、プロテスタント教徒の多くは、北アイルランドがイギリス連合王国の一部としてとどまることを望んできましたが、カトリック教徒の多くは、アイルランド共和国に加わることを求めてきました。このような分裂は、この土地での生活に多少変わった点があるということを意味しています。

For example, Northern Ireland's second biggest city is often known as "Derry/Londonderry." The reason for the strange name is that Protestants traditionally call it "Londonderry" while Catholics traditionally call it "Derry." Use either name alone in public and you're sure to offend someone, so people often use both names with a / in the middle. In fact, if you take a train there, it's "Derry/Londonderry" that you'll see on the destination board these days.

例えば、北アイルランド第2の都市は「デリー/ロンドンデリー」として知られている場合が多いです。そんなおかしな呼び方をするには理由があり、昔からプロテスタント教徒はそこを「ロンドンデリー」と呼んでいたのに対して、カトリック教徒は「デリー」と呼んでいたからなのです。どちらか一方の呼び方を公の場で使ってしまうと、必ず誰かが不快な思いをすることになるので、2つの名称の間にスラッシュ記号を入れて、両方をつなげた呼び方をすることが多いのです。実際、最近では電車の行き先表示板には Derry/Londonderry と書かれています。

Almost all of Northern Ireland's native population's first language is English. But to keep everyone happy, officially we have 2 more main languages: Irish (associated with the Catholic community) and Ulster Scots (associated with the Protestant community). Neither are widely used for communication. Instead they are promoted for the sake of community identity. Famously, an Irish language government voice mail service received a total of 15 calls in 3 years, while the Ulster Scots equivalent received none whatsoever!

北アイルランドの住民のほとんど全員が、英語を第一言語としています。しかし、全住民に笑顔でいてもらうために、他にも2つの公用語があります。(カトリック系住民との結びつきがある)アイルランド語と、(プロテスタント系住民との結びつきがある)アルスタースコットランド語です。どちらもコミュニケーションの道具として広く使われているわけではなく、住民の独自性のために奨励されているのです。政府のアイルランド語での留守番電話サービスには、3年間で合計15件の利用があったのに対して、アルスタースコットランド語のほうはまったく利用がなかったことは有名な話です。

Northern Ireland is also one of the few places where it's legal to apply for 2 kinds of passport. Both the UK and Ireland classify anyone from Northern Ireland as a citizen. Therefore, if we want to, we can take a trip one week with an Irish passport and the next with a British passport. But we have to use the same passport to enter and exit a country so we can't use it to double the length of a visa!

北アイルランドはまた、2種類のパスポートを申請することが合法とされている数少ない国のひとつです。英国もアイルランドも、北アイルランド人を自国の国民だと分類しています。 よって、1週間はアイルランドのパスポートで旅行し、その翌週は英国のパスポートで旅するということも可能です。 ただし、入国と出国は同じパスポートを使う必要があるので、査証の期間を2倍にするなどということはできません!

Without doubt there are still serious divisions in Northern Ireland, but more often each year they manifest as eccentricities - like referring to the same city by two different names with a slash in-between - rather than tragedies. I think that's progress.

確かに北アイルランドにはまだ深刻な分裂が存在していますが、近年では大惨事につながることは少なくなり、その代わりに、例えば一つの都市が2つの呼び名を持ちその2つの名前の間にスラッシュ記号を入れて使うなどというような、風変わりなことをするようになってきています。これは進歩だと私は思います。



The Giant's Causeway
2011.09.13 Peter

On the north coast of Northern Ireland there is something the people here hold very dear ― The Giant's Causeway. It's a rock formation made up of 40,000 columns of hexagonal rocks. They're entirely natural, yet look like they've been created with mathematical precision, and standing on the rocks as cold Atlantic waves beat against the shore is an enchanting experience.

北アイルランドの北海岸には、この土地の人々がとても大切にしているものがあります。ジャイアンツ・コーズウェーです。それは4万本の六角形の岩の柱でできた岩層です。完全に天然のものですが、数学的な精度で作られているように見えます。大西洋の冷たい波が海岸に激しく打ちあたるときに岩の上に立ってみると、うっとりするような体験ができるでしょう。

If you come to Northern Ireland it's guaranteed that someone will ask you if you've been to The Causeway yet as it's easily our most popular tourist attraction, but it's not just for tourists ― The Causeway is part of our identity in the same way Mt. Fuji is part of Japan's.

もしあなたが北アイルランドに来たら、きっと誰かに「もうコーズウェーに行ったか」と尋ねられるでしょう。この辺りで一番人気のある観光名所だからです。しかしそれは観光客だけのためのものではありません。富士山が日本らしさの重要な要素であるのと同じように、コーズウェーは私たちらしさに欠くことのできないものなのです。

It has inspired poems, and songs, and just about every child has a school trip there. Every child knows who Finn McCool is too ― he's the giant who built The Causeway. According to ancient legend, it's what's left of a road that Finn built across the sea so he could fight a Scottish giant who had insulted him.

コーズウェーからインスピレーションを得た詩や歌があり、学校の遠足ではほぼ全員がそこに行きます。子どもたちは皆、フィン・マックールのことも知っています。コーズウェーを作った巨人です。昔の伝説によると、コーズウェーは、フィンが自分のことを侮辱したスコットランドの巨人と戦おうとして、海を渡るために作った道の残骸だということです。

The Giant's Causeway certainly isn't on the same scale as Mt. Fuji but, to the local people at least, it's just as important and impressive.

ジャイアンツ・コーズウェーは、確かに富士山ほどの規模ではありませんが、少なくとも地元の人々にとっては、同じように大切で感動的なものなのです。



Summer Time
2011.08.18 Peter

The British summer's reputation for rain isn't entirely unjustified. That's why people take full advantage of the sun any time they can. At the first sign of good weather, the entire country seems to get changed into shorts and t-shirts. In fact, some men go further and happily walk the streets shirtless.

英国の夏は雨降りという評判はまったく間違いというわけではありません。だから英国民は日光を浴びられるときに浴びておくのです。天気が良くなる兆しがあるとすぐに国民全体が短パンとTシャツに着替えるようにも思われます。それどころか上半身裸でうれしそうに通りを歩いている男性もいます。

Without doubt, a superb place to spend a summer's afternoon is in one of London's royal parks. You'll find as much English tradition there as anywhere. People sunbathing on old-fashioned deck chairs, casual games of cricket on the lawn and quiet games of bowls can all be seen. And nobody can truly say they've experienced summer in London without enjoying an outdoor Shakespeare performance.

夏の午後を過ごすのに最高の場所は、間違いなくロンドンの王立公園でしょう。そこではどこにも劣らないイギリスの伝統が見られます。昔風のデッキチェアで日光浴している人々や、芝生で気楽にやっているクリケットの試合、ローンボウリング(芝生の上で偏心球を転がし目標球に近づける競技)を静かに楽しむ姿など様々なものが見られます。また、シェイクスピアの野外上演を楽しまずには、本当の意味でロンドンの夏を体験したとは言えないでしょう。

Our summers end much too quickly, and one popular way to mark the end of the season is to bring a picnic to 'The Last Night Of The Proms' ― an outdoor concert mixing musical performance and sing-alongs※1 of patriotic British songs. A traditional British picnic might include ham or cucumber sandwiches, boiled eggs and strawberries with cream, plus some Pimms and Lemonade※2.

英国の夏はあまりにも短く、季節の終わりには「ザ・ラスト・ナイト・オブ・ザ・プロムズ」という英国愛国歌の演奏と歌の集いを合わせた野外コンサートへお弁当を持って出かけるのも人気があります。英国ではお弁当に、ハムやキュウリのサンドイッチ、ゆで卵、クリーム付きのイチゴ、それにピムズ・アンド・レモネードを持っていくのが伝統的です。

You can't rely on British weather, but the British love their summers and wouldn't change them for the world.

英国の天気は当てにはなりませんが、英国人は自国の夏が大好きで、何よりも大切にしているのです。

※1 sing-along(s): 聴衆が演奏を聞くだけではなく打ち解けた雰囲気で一緒に歌うこと。

※2 Pimms and Lemonade: 英国(特にイングランド地方)で、夏にとても人気のあるアルコール飲料。ピムス(リキュール)にレモネードを注ぎ、キュウリのスライス、リンゴ、オレンジ、イチゴ、ミントの葉などを加えたもの。



St. George's Market
2011.07.12 Peter

St. George's Market in Belfast has been around for more than 100 years and these days seems more popular than ever. Held entirely indoors due to the unpredictable local weather, it's more than just a place to find a bargain - you can learn new cooking techniques at cookery demonstrations, enjoy live bands or just take in the atmosphere as you walk around.

ベルファーストのセントジョージマーケットは100年以上の歴史を持ち、最近ではますます人気が高まっているようです。現地の天気が予測不能なので、すべて屋内で開催されますが、単にお買い得品を探す場所というだけではありません。料理の実演販売では新しい料理の技を学べますし、生バンドを楽しむこともできます。また、ブラブラしながらその場の雰囲気を味わうこともできます。

But of course, at the centre of everything is the food - from fresh local ingredients to full meals and from things familiar to everyone to some unique to Northern Ireland, like the Belfast Bap : Take a large crusty roll※1, add some butter, then add layers of fried sausage, bacon, cheese and tomato. Top if off with some tomato and HP sauce※2 and you've got one of the most famous local breakfasts.

しかし、すべての中心にあるのはもちろん食べ物です。地元の新鮮な原料から充実した食事に至るまで、また誰にでも馴染みのあるものから北アイルランド特有のものまであります。例えばベルファースト・バップは、皮の堅い大きなロールパンにバターを塗り、揚げたソーセージとベーコンとチーズとトマトを重ねます。トマトソースとHPソースを加えたら、地元で最も有名な朝食のひとつの出来上がりです。

Other foods on offer are Northern Irish potato bread, soda bread and wheaten bread. There's the local version of seaweed known as 'Dulse', and a huge selection of local sweets and cakes. St. George's is a uniquely Northern Irish experience where many of the traders are as interested in a chat as they are in selling. It isn't just a market, it's great way to experience a lot of what's great about Belfast.

そのほかに売られている食べ物は、北アイルランドのジャガイモパン、ソーダパン、小麦パン、「ダルス」という名前で知られている地元の海草、いろいろな種類の地元のお菓子やケーキなどです。セントジョージマーケットでは北アイルランドならではの体験ができて、そこではお店の人たちは売ること同様、おしゃべりも大好きなのです。単なるマーケットではなく、ベルファーストの素晴らしいことをたっぷり経験するのに最高の方法なのです。

※1 Crusty roll : bread roll with a thick crust.

crusty roll とは皮が堅くて厚いロールパンのこと。

※2 HP Sauce : a popular sauce in the UK, a malt vinegar base blended with tomato, dates, tamarind extract, sweetener and spices.

HP sauce とは英国で人気のソースで、モルト酢をベースにトマトやデーツ(ヤシの実)、タマリンド・エキス(豆の一種)、甘味料、スパイスを混ぜたもの。



The Royal Wedding
2011.05.17 Peter

It's often said in the UK that people aren't interested in the royal family any more, but if you'd been around at the time of Prince William's very recent marriage to Kate Middleton (now officially called "Catherine, Duchess of Cambridge") you would have found that very hard to believe.

英国では、王室に対する国民の関心はもうなくなったとよく言われますが、先日のウィリアム王子とケイト・ミドルトンさん(現在の正式名はケンブリッジ公爵夫人キャサリン)との結婚のときに英国に居合わせていたら、とてもそうとは思えなかったでしょう。

The day was declared a public holiday, and 5500 street parties※ were planned to mark the occasion. For weeks beforehand the newspapers gave away royal wedding DVDs, party hats and napkins among other things. Electrical shops were using the wedding as a way to promote sales of big screen TVs. Restaurants were offering special royal wedding menus. And everywhere people looked and listened on TV and radio they found out some new fact about the ordinary lady who was about to become a princess, with detailed reports on her family history, her school, her hairstyle and her clothes.

結婚式当日は祝日となり、この行事を記念して5500件のストリート・パーティーが計画されました。何週間も前から、各新聞社はロイヤル・ウェディングのDVDやパーティー用の帽子、ナプキンなど様々なものを無料配布しました。電器店は大画面テレビの販売を促進する手段としてこの結婚式を利用したり、レストランはロイヤル・ウェディングの特別メニューを提供したりしました。テレビやラジオを視聴すればいつも、まもなく王妃になろうとしている一般女性について何らかの新情報が得られ、彼女の家系や学校、ヘアスタイル、洋服について詳しく報道されました。

Just before the event itself the centre of London closed to traffic overnight so a full rehearsal could take place in the wee small hours to prepare for the day the world's eyes were on London (the TV audience was around 2 billion!). On the day itself the wedding dominated everything. There was noticeably less traffic than usual in the streets during the ceremony, with the major TV and radio stations running non-stop coverage and debating everything in incredible detail - even the length and style of the royal kiss on the palace balcony was compared to previous royal kisses!

結婚式の前日、ロンドン中心街はひと晩通行止めになりました。ロンドンに世界中の視線が注がれる日に向けて、夜が明ける前に通しでリハーサルを行うためです(テレビでの視聴者は20億人でした!)。その日はすべてが結婚式一色でした。式の間、通りにはふだんに比べて往来がめっきり少なく、大手のテレビ局やラジオ局が絶え間なく報道し、宮殿バルコニーでのロイヤル・キスの長さやスタイルまでもが歴代のロイヤル・キスと比較されるなど、驚くほど細かいことまで議論していました。

Whatever people's opinions on the monarchy, it was very clear that for at least one day they wanted to set aside any doubts and enjoy all the pomp and ceremony of this modern fairytale wedding.

君主制についての国民の意見がどうであろうと、少なくともこの一日は皆、疑念を払いのけて、この現代風のおとぎ話のような結婚式の壮麗な儀式を楽しみたいと思っていることは明らかでした。

※ Street Party: A gathering of people to celebrate an event of some importance. It's just for the people in a small local area - just a street or two. There will normally be people cooking hot dogs and beef burgers etc. As everything is done in the spirit of local community, there should be no charge for anything - people bring and give away food and drinks. Sometimes major events like London's Nottinghill Carnival are described as street parties, but those major events are much more carefully planned and designed for large crowds. Street parties like we saw for the royal event are just simple events for local people.

Street partyとは、重要な行事を祝う人々の集まりを指します。道1本分か2本分くらいの狭い地域の人々のためのもので、集まった人たちは普通ホットドッグやビーフバーガーを作ります。すべてが地域社会の精神で行われるため何でも無料で、皆、食べ物や飲み物を持ち寄ったり無料で配ったりします。ロンドンのノッティングヒル・カーニバルのような大きな行事もstreet partyと呼ばれることがありますが、そのような大規模なものは大人数を想定してもっと入念に計画されます。今回の王室の行事で見たようなstreet partyは、地域の人々のためのシンプルなものです。



The Crown
2011.04.15 Peter

People in the UK and Ireland love their traditional pubs, and one of the most impressive of them all is right in the centre of Belfast - 'The Crown'. With its use of colour, decorative windows, mosaic tiles, private snugs※ and wood carvings, there's nowhere else quite like it, but how did such an unusual place with a royal-sounding name come to be in 1800s Belfast?

イギリスとアイルランドの人々は自国の伝統的なパブを愛しています。そのすべてのパブの中で最も印象的な一軒がベルファーストの中心地にあります。The Crown です。その色使いや、装飾の施された窓、モザイクのタイル、個室、木彫りの飾りを見ても他にこのような場所はありませんが、堂々たる名前を冠したこれほど独特な場所がいったいどのようにして1800年代のベルファーストに出現したのでしょうか。

When it opened in 1826 it was a very typical pub - 'The Railway Tavern', but things began to change when it was sold to the Flanagan family. Their son, Patrick, had gone travelling round the world and brought home a lot of ideas for brightening up the old family pub but he couldn't rebuild it by himself. It so happens there was a group of Italian craftsmen already in Ireland to build churches, so Patrick hired them and together they created a cross between a church, an Irish pub and a scene from The Arabian Nights!

1826年の開店当時はまさに典型的な The Railway Tavern というパブでしたが、フラナガン家に売却されてから状況が変わり始めました。彼らの息子パトリックが世界中を旅して、古い家庭的なパブを活気づけようとたくさんのアイデアを持ち帰りましたが、一人でパブを再建することはできませんでした。たまたま教会建設のためにイタリアの職人たちがすでにアイルランドにいたので、パトリックは彼らを雇い、協力して、教会とアイリッシュ・パブと千夜一夜物語からの一場面を折衷したものを作り出したのです!

The redesigned pub deserved a new name and Michael's wife, a supporter of the royal family, wanted to call it "The Crown." Michael, on the other hand, wasn't a royalist at all and wanted a different name. It seems like she must have won the argument but it's not that simple - Michael included "The Crown" in the floor design of the entrance to make sure people would have to walk on it as they came in!

新しいデザインになったパブには新しい名前がふさわしく、王室支持者だったマイケルの妻は The Crown と名付けたいと思いました。一方、マイケルはまったく王党派ではなかったので、別の名前を望んでいました。彼女のほうがその議論に勝ったようですが、事はそれほど単純ではありません。マイケルは、入口の床のデザインに The Crown という文字を入れ、客が入って来る時に必ずその上を歩かなくてはならないようにしたのです!

The Crown's been around almost 200 years, never closing even in Belfast's darkest times. Today it's still adored by tourists and cherished by local people. I'm pretty sure it'll still be here in another 200 years.

The Crown は200年近い歴史があり、ベルファーストの暗黒時代にさえ決して閉店しませんでした。今日でもいまだに観光客に愛され、地元民に大切にされています。きっと今後200年先にも変わらずここにあるでしょう。

(Thanks to Belfast Pub Tours for providing some background details)

(詳しい情報を提供してくれたベルファースト・パブ・ツアーズに感謝の意を表します)

※ Snugs: small walled off areas with a door where people who didn't want to be seen drinking alcohol (such as policemen or priests) used to drink. These days, groups of friends use them, but not to avoid being seen.

Snug(s) とは、壁で仕切られた小さなドア付きの場所を指します。(警察官や僧侶のような)飲酒しているところを見られたくない人たちがここでお酒を飲んでいました。今日では、友人の集まりでこの場所を使いますが、見られないようにするためというわけではありません。



St. Patrick's Day
2011.03.09 Peter

© St. Patcick's Festival Dublin
Each year on St. Patrick's Day millions of people around the world celebrate the most famous Irish man of all. Or at least they think they do. In fact, St. Patrick wasn't originally from Ireland. He was captured on the UK mainland and brought to Ireland as a slave, where he worked as a shepherd. He escaped back to Great Britain but as the years went by felt God was calling him back to Ireland and eventually returned here to spend the rest of his life spreading Christianity. So traditionally St. Patrick's Day wasn't a party day in Ireland, it was a holy day - most pubs were closed and lots of people went to church. But these days the celebrations are pretty lively - with parades, concerts, St. Patrick Tours and all kinds of things, especially in cities like Dublin and Belfast.

毎年セント・パトリック・デーには、世界中の何百万人という人たちがアイルランド人の中で最も有名な人物のお祝いをします。あるいは、少なくともみんなそのように思っています。ところが実は、聖パトリックは元々はアイルランドの出身ではないのです。彼はイギリス本土で捕えられ、奴隷としてアイルランドへ連れてこられ、羊飼いとして働きました。逃亡して英国に戻りはしたものの、時が経つにつれ、神が自分を呼び戻していると感じ、最終的にはアイルランドに戻ってきて残りの人生をキリスト教布教のために費やします。したがって、伝統的にはセント・パトリック・デーはお祭り騒ぎの日ではなく、聖なる日だったのです。ほとんどのパブは閉店し、多くの人たちが教会へ行きました。しかし最近ではお祝いはかなり賑やかです。パレードあり、コンサートあり、セント・パトリック・ツアーあり。特にダブリンやベルファストのような都会では、あらゆる方法でお祝いをします。

Even today though, there's still a more reverent and serious side to the day. You'll certainly see plenty of green hats, carnivals and pints of Irish beer, but you'll also find lots of people climbing Slemish Mountain※1to stand where St. Patrick once looked after sheep, while the cathedral where he was buried is planning a day of religious events.

それでも尚、この日にはいまだ、より敬虔で厳粛な面があります。確かに多くの緑色の帽子やカーニバル、大量のアイリッシュビールを見かけはしますが、同様に、多くの人たちがスレミッシュ山に登り、かつて聖パトリックが羊の面倒を見ていた場所に立つのや、彼が埋葬されている大聖堂で宗教的なイベントを終日予定していたりするのを見かけたりもするでしょう。

Whatever you do on 17th March though, it's the one day each year where everyone can feel a little bit Irish - whether that means watching a parade, eating Irish stew, drinking Irish beer or even climbing a mountain - enjoy the craic※2 and have a fantastic St. Paddy's Day※3!

毎年、3月17日は何をしようと、誰もが少しばかりアイリッシュ気分になることができる日です。パレード見学、アイリッシュ・シチューを食べる、アイリッシュ・ビールを飲む、登山をする-何をするとしても楽しんで、素敵なセント・パディー・デイを過ごしてください!

※1
スレミッシュ山。北アイルランド北東部アントリム州にある標高437メールの山。聖パトリックが羊飼いをしていたという伝説で知られる。
※2
enjoy the caicはアイルランドで使用されるゲール語でhave fun「楽しむ」を意味する。アイルランド在住の英語話者の間ではよく使われる。他の地域でも使われることもある。発音はcrack。
※3
PaddyはPatrickを短くしたもの。地元の人たちは、この行事をPaddy's Day(パ ディーの日)あるいはSt. Paddy's Day(セント・パディー・デー)と呼ぶ。



New Year
2011.01.25 Peter

Without doubt New Year's Eve is the biggest party night of the year in the UK and Ireland. The pubs and clubs are full to bursting,with lots of people holding parties at home too. But wherever people are, the magic moment of midnight is still the same -- after counting down the last 10 seconds of the year, for just a few minutes there are no strangers. Handshakes, good wishes and shouts of 'Happy New Year!' are all around. Some pubs close for a few minutes just before midnight so the staff can join the customers in welcoming the new year, and it's not unusual for friends and strangers alike to link hands and sing 'Auld Lang Syne' together. For some people though, the most important new year's tradition comes after midnight : 'first footing'.

イギリスとアイルランドでは、大晦日は間違いなく一年で最大のパーティナイトでしょう。パブやクラブは、自宅でパーティ開催中の人たちとも一緒になって、大賑わい。でもどこにいようとも、真夜中の魔法のような瞬間は、いつも同じです。1年の最後の10秒間をカウントダウンした後、これに続く数分間は、誰もが顔なじみとなります。握手、祝福の言葉、「ハッピー・ニュー・イヤー!」の叫び声が至る所で聞かれます。パブによっては真夜中ちょっと前に数分間閉店し、スタッフが新年を迎えるお客さんたちに加われるようにするところもあります。友人や見知らぬ人たちが一様に手をつなぎ、「蛍の光」を唄うのも珍しいことではありません。しかし、一部の人たちにとっては、新年の一番大切な伝統行事は(カウントダウンの後の)真夜中過ぎにやって来るのです-"first footing" と呼ばれるものです。

According to legend, if the first person to cross a home's threshold in the new year is a dark-haired male with a simple gift like coal or salt then that household will be lucky all year. The tradition is most popular in Scotland, and the requirements of the 'first footer' aren't always very strict -- it's often just a great reason to visit friends' houses after midnight!

言い伝えによると、新年に家の敷居を最初にまたいだ人が、石炭や塩のような簡単な贈り物を持った黒髪の男性なら、その家は一年中幸運に恵まれる、という ことです。その言い伝えはスコットランドで一番広まっていますが、「最初にまたぐ人」の条件は必ずしもそんなに厳しい訳ではありません。深夜過ぎに友人宅を訪れるのにはまたとない理由になる、というくらいのものだからです!



A・can TOPへもどる Teachers 一覧ページへ