A・can エイ・キャン英語脳を刺激するWebマガジン

TOEIC®テストの殿堂
ここはTOEIC®テストの達人が集まる“TOEIC®テストの殿堂”。
カタカナConfusion
普段は普通に使っているカタカナ語。これって英語なの?
Lars&MotokoのN.Y.通信
エネルギッシュで好奇心旺盛な二人からNYのホットな情報をお届けします!
英語力をアップさせるために知っておきたいこと
英語の力をほんとうの意味で伸ばすためには。
英語力アップの学習法
「隙間時間」を上手に使い楽しみながら簡単に行える学習法をいくつかご紹介。
私の英会話生活
始めてみるとワクワクする英会話のある生活
LINK

Lars&MotokoのN.Y.通信Vol.9 LarsとMotokoはAEONのNYオフィスでリクルーティング(外国人教師の採用活動)担当として活躍中です。エネルギッシュで好奇心旺盛な二人からNYのホットな情報をお届けします!

from Lars
Lars&MotokoのN.Y.通信

MUNY - Music "Under" New York

ニューヨークに住む人、訪れる人、誰もが利用する地下鉄ですが、そこは多くのミュージシャンが集まる場所でもあります。改札口、ホーム内、そして車両の中まで、世界各国のミュージシャンが24時間、様々なジャンルの音楽を演奏しています。1人でギターを弾く人から、シンセサイザーを利用して近代的な音楽を流す若者、バイオリン等の弦楽器からバケツをドラム代わりに利用したバンドまで、様々な演奏を楽しむことができます。


ホームや駅構内での演奏を希望するミュージシャンはまずMTA (Manhattan Transportation Authority) がスポンサーとなっているMUNYが開催するオーディションを受ける必要があり、それに合格した人が演奏場所を押さえることができます。


朝夕の通勤ラッシュの時に、人混みにまみれながらもブルース、ジャズ、ポップスなど、色々な演奏が聞こえると足取りも軽くなり、エネルギーが充電される気がします。
中でも私が一番好きなのは、MUNYのオーディションを通して駅構内で演奏するミュージシャンではなく、車内で車両を渡り歩きながら演奏を繰り広げる人達です。アカペラで歌うグループから、アコーディオンで演奏するメキシカン、歌唱力もなかなかハイレベルですが、本当に楽しそうで、私も思わず一緒に踊りだしたくなってしまいます。


もし地下鉄でこんなミュージシャン達の演奏を楽しむ機会があったら、小銭や$1程度をあげてみてください。ミュージシャン達の最高の笑顔が見られるだけではなく、時にはリクエストに応えてくれることも!

from Motoko
Lars&MotokoのN.Y.通信

Farmer's Markets - Are you a "Locavore"?

みなさんこんにちは!ニューヨークには至る所に公園や広場がありますが、そのいずれかで毎日のようにFarmer's Marketが開催されています。その名の通り、ニューヨーク郊外の農家や専門店が露店を並べるのですが、どのマーケットも常連の人や観光客などでいつも大変賑わっています。


一番有名なのはマンハッタンの中心、Union Square広場で週4回行われるマーケットです。季節毎の野菜や果物だけではなく、ベーカリー、チーズ専門店、ジャム屋さんからピクルス専門店、そしてお肉や魚の専門店まであります。買い物に出向く多くの人はクーラーボックスや大きな籠を持参しています。私も出来るだけ頻繁に出向いては、今まで日本では見たこともなかった野菜を買い、お店にの人に調理方法を聞いて挑戦してみたりしています。


私のイチオシのマーケットは、マンハッタンの東側、East River沿いで秋から春にかけ毎週日曜日に開催されるNew Amsterdam Marketです。このマーケットではお店だけではなく、様々なイベントが開催されます。例えばジャム作り教室や、チーズについて学ぶクラスが開催されたり。時には青空の下で幾つかの出店者によるコース料理を堪能できたり。日曜日はまずこのマーケットに寄ってお昼を調達してから他のエリアに散歩に行くのも悪くないですよ!


輸入品や遠くから運送されてきた食材ではなく、地元で獲れた食材を好んで食す人の事を"Locavore"と言います。ニューヨークは大都市でありながら、Locavoreやそんな人々が好む地元食材のみを扱ったオーガニックレストランが集まる地元愛に溢れる街です。