• インターネット英会話TOP
  • 英会話レッスン&受講料
  • インターネット英会話ご入会までの流れ
  • インターネット企業研修プログラム
  • インターネットこども英会話
  1. 英会話イーオン
  2. > オンライン英会話TOP
  3. > インターネット英会話
  4. > おすすめのポイント2 オリジナルテキストとカリキュラム

日本人が上達しやすいよう工夫されたテキスト

「知ってるけど話せない。」、「英語が文章になって出てこない。」、そんなお悩みをお持ちの方にお勧めのテキストです。

日本人学習者が効率的に上達できるように工夫されています。

担任制または自由予約制

「わかりやすい」「上達しやすい」教材を開発

イーオンでは、専門機関「イーオン語学教育研究所」が日本人学習者向けのメソッド・カリキュラムを研究し教材を開発しています。

効率よく英会話をマスター

きめ細かいレベル分けに応じて使えるテキストで、カラフルなイラストが満載。 楽しくレッスンを受けながら、正確で洗練された英会話を効率よくマスターできます。

イーオンのオリジナルテキストができあがるまで

インターネット英会話のテキスト画像

日本人にとって最適な英語学習法、英語力向上法を日夜研究しているイーオン語学教育研究所。今日は、その研究の集大成とも言えるイーオンオリジナルテキストが、どんなプロセスで、どんな人によって作られているのか? その制作を担当しているイーオン語学教育研究所のスタッフの横顔とともにご紹介しましょう。

オンライン英会話の教材作成

企画会議

まずは、企画会議。こんなものが欲しい、ここを改訂したいなど、学校からのリクエストや自分たちからの提案事項などを徹底的に話し合い、企画を練っていきます。

企画会議からシラバス作成

シラバス作成

次に企画を形にする第一歩、シラバス(アウトライン)を作ります。学習目標やコンテンツ、どんな語彙を盛り込んだらいいか、など具体的なプランがここで決まります。

シラバス作成からサンプル作成

サンプル作成

シラバスに基づいてサンプルができあがると、今度はイーオンのいくつかの学校で、実際にそれを使って授業をしてもらい、教師や生徒様たちの意見を聞いて調整します。そうやってテンプレートができあがると、いよいよ執筆。語研のスタッフを中心に、海外のアウトソーシング・スタッフも執筆陣に加わります。

サンプル作成からテキスト発注

テキスト発注

原稿が進んでくると、イラストを発注したりデザインしたりというビジュアルの作業に入ります。 デザインが上がってくると、次は校正。この段階で、デザインの中に文字やイラストが入ったものが送られてきます。自分たちのイメージしていたものが具体的に立ち上がってくるのを見る瞬間です。スタッフの中に喜びと緊張が走ります。

テキスト発注からテキストの納品

テキストの納品

しかし気を抜いてはいけないのが、この校正の作業。テキストの質を決める非常に大切な仕事です。ミスひとつ逃すまいと、赤ペンを握る手にも力が入ります。
最後に音声テキストのための録音が終わると、完成が見えてきます。校了や音の最終チェックが終わればあとは完成を待つばかり。長い道のりだったと振り返る余裕もなく、この時点では既に、次のプロジェクトはスタートしています。1つのテキストができるまでに、およそ1年かかります。

テキストの納品から英会話の授業へ

インターネット英会話の授業スタート