英会話イーオン総合TOP > 目からウロコの上達法

上達したい人に贈る 目からウロコの上達法

世の中がグローバルに広がり、英語がスタンダードになっていくなか、
中学高校でたくさん時間をかけて勉強してきたのに、なぜ日本人は必要な英語が喋れないのでしょうか。

じつは、日本人に合わない勉強法が学習者を足踏みさせているのです。
さらに「ラクして」上達する魔法を探しては失敗し、
時間を無駄にしてしまう人が多いのが残念でなりません。

そこで、正しい指導によって本物の英語力をつけられるよう、
着実に効果を上げる学習法、ヒントやコツをご紹介します。
ここには、上達の実感が「楽しいから」がんばれるレッスンがあります。
自分のなかにある英語の知識を自在に使える道具に-------さあ始めましょう !

株式会社イーオン 代表取締役社長
三宅 義和

上達のヒント01

ベートーベンを聴くだけでは弾けるようになりません。
○○するだけで上達する魔法は世の中にありませんが、
最も効果的な「トレーニング」なら、誰でも上達します !

ピアニストと同様、トレーニングで知識を「使える」ようにする

日本人にとって英語は従来、教科としての勉強中心だったため、「わかった」地点をゴールと思っている人が少なくありません。しかし、そこはむしろ英会話の出発点。単語や文法を覚えることは大事ですが、実践で「使える」力をつけるには、楽器やスポーツと同じでトレーニングが欠かせません。訓練するほどピアノが上達するように、英会話も予習・復習を含めた日々の訓練でいかようにも上手くなります。音読を繰り返すと、英語のリズム・回路を自分の中に作ることができます。「ラク」して上達する魔法は世の中にありませんが、効果的なトレーニングで上達の実感を「楽しむ」ことができるのです。

理解力を高める自己練習 × 生きた会話を試すレッスンの相乗効果

トレーニングには「自己練習」と「レッスン」があり、どちらも重要です。ピアノに週1回通うだけでは弾けるようにならないのと同じで、英会話もそれだけでは不十分。予習・復習を含む自己練習をすると、レッスンの場ですっきり理解でき、発言できるようになり、授業の場が何倍もの価値になります。さらに、復習によって学んだことが定着していきます。一方、自分で練習するだけでも不十分。会話は「誰かに話しかけ、話しかけられること」ですから、一人だけの練習には限界があります。レッスンに来て教師や他の生徒さんと会話練習をすることは、英会話の学習に何より大切です。

中学文法で十分、覚えるくらい声に出して練習すると効果大

「英語は苦手」と思いながら練習していると積極的になれず、話せるようにはなりません。克服する対象ではなく、「英語は友だち」としてみると学習も楽になります。基本構文は中学の教科書にかなり出ているので、TOEIC L&R テスト600点未満の人なら、それを声に出して覚えるように練習すると効果大。レベル別に練りに練られたイーオンのテキストは、ダイアログ・構文練習帳のいくつかを暗記するだけで相当なことが話せるように。音読で集中して覚えるからこそ耳が鋭敏になります。イーオンには、「日本人の学習者が上達するにはどうしたらよいか」を日夜考え、レッスンや教材を開発する語学教育研究所があり、生徒さんが向上心を持ってレッスンと自己練習に臨めるよう応援しています。

英会話に、ラクして上達する魔法はどこにもありません。
学ぶことが楽しくなりぐいぐい上達する秘訣があります !

上達のヒント02

「思いこみの学習」には落とし穴が隠れています。
日本人の苦手を克服する学び方に変えるだけで、
あなたも目からウロコの成果が実感できます !

「外国語は外国人に習うべき」では、質問できない人も

せっかく努力をしても正しい学習法でないために、時間を無駄にしている人が多いのはもったいない話です。ネイティブの発音や表現は外国人教師から吸収できます。しかし、わからないことを日本語で質問でき、上達のコツをきめ細かく指導してもらえる日本人教師がいるといないでは大違い。TOEIC L&R テストで苦手の克服法やスコアアップのコツは、実際に受験してきた日本人教師に聞くのが一番。勉強の仕方、今の会話のどこをどう直せばよいかをすぐアドバイスできるのも、日本人教師。一年近く毎日英語を勉強して伸びなかった人が、イーオンに来て日本人教師のたった一時間のアドバイスで劇的に伸びた例もあります。

「プライベートレッスンだけで学ぶべき」では、
 大勢の場で試せない

マンツーマン形式で行われるプライベートレッスンは、その人の弱点補強や、海外赴任、プレゼンテーションといった特殊ニーズの直前対策、あるいはまったくの英会話初心者の人に向いています。けれども、プライベートレッスンだけでは、日本人が苦手な複数でのコミュニケーションスキルが身につきません。教師と二人で練習するように、相手がいつでもあなたの話を待って聞いてくれるシチュエーションは、実生活や会議ではありえないからです。複数の人のなかで意見を持ち、会話に参加していく訓練をするのが、英語のコミュニケーション力を磨くレッスンの基本です。

「問題集をこんなにやっているのに」では、耳が鍛えられない

TOEIC L&R テストのスコアを上げるために問題集ばかりやっている人が、案外伸び悩んでいます。TOEIC L&R テストはいわば「体力測定」であり、肝心の体力をつけていくことが大事。「読む力」「聞く力」「話す力」といった基本的な英語力をつけることで、結果としてTOEIC L&R テストも伸びていきます。日本語で考えなくても出てくるくらい自動化して話せるようになるためには、声に出して基本構文を暗記する練習が効力を発揮します。イーオンのオリジナルテキストで数百の英文を暗記してから、急激に力をつけた学習者の多いことがわかっています。暗記そのものが目的というより、暗記するくらいトレーニングするということが大切。教師が応援し仲間が刺激になる、スクールでのレッスンが上達の要です。

日本人教師に疑問や不安をぶつけ、外国人教師にチェックしてもらいながら
実践的にどんどん話すことで実力アップ !

動画で楽しく学ぼう!英語学習トリビア 英語学習に関するウンチクや豆知識をご紹介!

飯田健二のTRIVIA 09

英単語をイメージ(画像)で記憶する方法

君嶋豊のTRIVIA 08

オーバーラッピング

飯田健二のTRIVIA 07

サイト・トランスレーション

箱田勝良のTRIVIA 06

単語帳を使った英単語の覚え方

菅井幸子のTRIVIA 05

リピーティング

箱田勝良のTRIVIA 04

洋楽を聴いて英語を多聴する「洋楽活用法」 part2

菅井幸子のTRIVIA 03

英語学習のための洋画や海外ドラマの活用法

箱田勝良のTRIVIA 02

洋楽を聴いて英語を多聴する「洋楽活用法」 part1

菅井幸子のTRIVIA 01

洋画や海外ドラマは英語学習の役にたつの?

お気軽にお申し込みください Web割・最大10,000円

無料体験レッスン・コース説明会のお申し込み

0800-111-1111 携帯PHS OK 月〜金:10時〜21時 / 土日祝:10時〜19時(一部の電話機およびIP電はからはつながりません)