英会話イーオン総合TOP > インフォメーション > レポート

レポート

2017.09.15

横浜市内観光関連事業者向け「おもてなし英語セミナー」を実施しました。

【日時・場所】

2017年8月29日(火)14:00〜16:30 横浜市開港記念会館

 株式会社イーオン(代表取締役社長:三宅義和)と横浜市は、平成29年2月に締結した「訪日外国人旅行者受入環境整備(英語セミナー)に関する連携協定」に基づき、(公財)横浜観光コンベンション・ビューローと連携し、市内観光関連事業者を対象とした「おもてなし英語セミナー」を実施いたしました。

 第1回の開催は、横浜市内の観光・宿泊施設等、観光関連事業者の方、約50名を対象に行われ、簡単な挨拶や、道案内等、英語でのコミュニケーションに不可欠な「基本表現」に加え、観光関連事業者向けの状況を設定した「場面別対応」を学びました。

 担当したのは、英会話イーオン東京本社法人部のクリス先生と原田先生です。クリス先生の英語での指示も、原田先生が日本語を交えてサポートをしたことで、多くの方が緊張することなく、大きな声と笑顔で、一生懸命にレッスンを楽しまれていました。

 本セミナーは、同じ内容で、市内観光関連事業者の別の方々を対象に9月にも開催いたします。また、その後は、交通事業者向けのセミナー等も予定されています。

 日本で開催される大きなイベントを控え、イーオンでは今後も、自治体や企業、学校、NPOなど様々な団体と協働しながら、「おもてなし英語」のサポートを続けてまいります。

【参加者の声】

・とても分かり易くて、今後も続けて欲しい。

・発音の練習も丁寧で、すぐに使えるダイアログが身についた。

・横浜ならではの地名や例文が多く、すごく勉強になった。

・職務中によく使うフレーズなので取り入れやすいです。

【イーオンについて】
 イーオンは1973年に創業以来、日本人に最適な語学教育を通し、世界で通用する人材育成に高い評価をいただいています。日本人の英語上達のためにオリジナル教材を開発。人格、指導力ともに優れた日本人教師と外国人教師を採用。それぞれの強みを活かした効果的なレッスンで、苦手を克服しながらコミュニケーション力を高め、ビジネス英語や資格取得に大きな成果を挙げています。
 イーオンでは、安心して英語を学んでいただくために、
 ●生徒様の授業料に対して、「前受金分別信託制度」導入しています。
 ●外国人教師の99%は北米で採用。来日後は全員日本の社会保険に加入させています。
 ●文部科学省所管の「全国外国語教育振興協会」の加盟校です。
株式会社イーオン(本社所在地:東京都新宿区、代表者:三宅義和)は、現在、全国主要都市に251校を有し、幼児から学生、社会人の方々が通いやすく学びやすい環境とカリキュラムを構築。グループ全体で生徒数10万人を超える実績とともに、その約50%は未来を担う子どもたちであることもイーオンの信頼の証しです。
◆イーオン公式HP:http://www.aeonet.co.jp/

  • 無料体験レッスン・コース説明会のお申し込み
  • ニュースリリース
  • レポート
  • Special Information