英会話イーオン総合TOP > インフォメーション > ニュースリリース

ニュースリリース

2017.08.18

英会話イーオン 石原さとみさん出演“カナダの旅”シリーズ第4弾
新WEBCM <カナダ・ホームパーティ>篇公開

〜フルヴァージョン(1分56秒)もイーオンHPで限定公開〜

 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下 「イーオン」)は、同社のイメージキャラクター石原さとみさん出演による 新WEB CM<カナダ・ホームパーティ>篇30秒を、2017年8月18日(金)より全国で配信開始いたします。

 本コンテンツは、本年1月よりTV・WEBで順次公開されている、石原さとみさん出演のイーオン企業CM“カナダ・バンクーバーの旅”シリーズの第4弾です。同シリーズでは、イーオンでレッスンを始めて4年になる石原さとみさんが、「英語でチャレンジしたいこと」をテーマに、カナダのソルト・スプリング島で本場のスローライフを体験しています。

 第4弾となる本WEB CMでは、ソルト・スプリング島でのスローライフ体験の締めくくりとして、滞在中のB&B(宿泊施設)のオーナー夫妻やその友人たちとともに自然に囲まれたお庭でホームパーティを楽しむ様子を描いています。お手製のスイーツ“トライフル”は「すごく美味しい」と大好評で、思わず安堵の表情を浮かべる石原さん。実は初体験の“トライフル”作りで自信がなかったと本心を打ち明けます。この島がとっても気に入ったと語る石原さん。自然な英語でありのままの思いを伝えて会話を楽しむ姿から、「英語で何がしたいのか」という具体的な目標をもって学習に取り組むことの大切さを改めて感じさせる内容となっています。

 また、新WEB CMの公開にあわせ、イーオンHPではフルヴァージョン(1分56秒)の動画も公開しています。

【PCから】 http://www.aeonet.co.jp/cm/

【スマートフォンから】 http://www.aeonet.co.jp/sp/cm/

【CMエピソード〈カナダ・ホームパーティ篇〉】

 「本場のスローライフを体験したい!」という石原さとみさんの希望を叶えるため、カナダ・バンクーバー〜ソルト・スプリング島でロケーション撮影を行った“カナダの旅”シリーズの第4弾は、地元の人々とのホームパーティを開いて、本場のスローライフの最終日を満喫する内容です。ホームパーティに招いた友人たちと撮影終了後もそのまま話が弾み、石原さんはしばらくその場を離れずに会話を楽しんでいました。
 「この島がとても気に入った」と語る石原さん。素晴らしい自然環境の下で、英語も自然に使いこなし、心からスローライフとコミュニケーションを楽しんでいる様子でした。

■公開開始日時:2017年8月18日(金)

■イーオン公式ホームページ
イーオンHPでは、本CMのフルバージョン(1分56秒)を公開します。
【PCから】 http://www.aeonet.co.jp/cm/
【スマートフォンから】 http://www.aeonet.co.jp/sp/cm/

【石原さとみさん プロフィール】

出身地:東京都
生年月日:1986年12月24日
血液型:A型
第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン 「ピュアガール2002」でグランプリ受賞。2003年、映画『わたしのグランパ』のヒロイン・伍代珠子役でデビュー。映画やドラマなど多様なジャンルで活躍し、国民的な人気を博している。

【イーオンについて】
 イーオンは1973年に創業以来、日本人に最適な語学教育を通し、世界で通用する人材育成に高い評価をいただいています。日本人の英語上達のためにオリジナル教材を開発。人格、指導力ともに優れた日本人教師と外国人教師を採用。それぞれの強みを活かした効果的なレッスンで、苦手を克服しながらコミュニケーション力を高め、ビジネス英語や資格取得に大きな成果を挙げています。
 イーオンでは、安心して英語を学んでいただくために、
 ●生徒様の授業料に対して、「前受金分別信託制度」導入しています。
 ●外国人教師の99%は北米で採用。来日後は全員日本の社会保険に加入させています。
 ●文部科学省所管の「全国外国語教育振興協会」の加盟校です。
株式会社イーオン(本社所在地:東京都新宿区、代表者:三宅義和)は、現在、全国主要都市に251校を有し、幼児から学生、社会人の方々が通いやすく学びやすい環境とカリキュラムを構築。グループ全体で生徒数10万人を超える実績とともに、その約50%は未来を担う子どもたちであることもイーオンの信頼の証しです。
◆イーオン公式HP:http://www.aeonet.co.jp/

  • 無料体験レッスン・コース説明会のお申し込み
  • ニュースリリース
  • レポート
  • Special Information