AEON PRESS イーオン通信特別号 イーオン生徒様に贈る英語学習応援情報誌 大学進学号

【巻頭言】変わる英語教育・大学入学者選抜と、これからの英語学習

 2020年度前後から、日本の英語教育システムは大きく変わります。小学校3・4年生で「外国語活動」が始まり、5・6年生では「外国語」が教科となります。中・高等学校の「外国語」では英語を英語で学習し、さらに高等学校では言語活動を高度化して、プレゼンテーション、ディベート、ディスカッションなども行います。同時に、大学入学者選抜も抜本的な改革が進められています。現在の「大学入試センター試験」に代わって「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」が導入され、英語はこれまでの2技能から、民間の外部資格・検定試験を活用した4技能型にすることが検討されています。これは、英語の特定の技能に偏らず、グローバル社会で求められる「聞くこと」、「読むこと」、「話すこと」及び「書くこと」の総合的な英語力の測定を可能にするためです。
 これまで、例えば、高等学校では大学入試を、大学では学問の専門性や難度などを“言い訳”に、英文読解型の授業が行われてきた実情があります。しかし、そのような状態は世界的にはレア中のレアで、もはや限界だと思います。英語教育について、世界スタンダードがどうなっているのかを見なくてはなりません。今回の一連の改革によって、「話すこと」「書くこと」の発信力を含めたバランスの取れた指導・学習が必要になってくるため、先生も生徒も、大きな一歩を踏み出すことになります。
 このような流れの中で、英語学習においては、次のような点に留意する必要があります。
・自分の興味関心やレベルに応じた(とにかく楽しく、理解に四苦八苦しない)英語を、日常的にできるだけ多く聞いたり読んだりする。同時に、学校内で学習を完結させず、実際に英語を話したり書いたりする経験を積極的に外に求める。
・各技能をバラバラに学習するのではなく、例えば、聞いたり読んだりして得た情報を口頭で第三者に伝えたり英語で要約して書いたりするなど、複数の技能を統合させながら学習する。
・英語を日本語に置き換えるのではなく、“モヤモヤ状態”に耐えながら英語を英語のまま理解することに慣れ、結果、大量の情報を高速処理できるようにする。
・誤りなくして英語力の向上なし― “Love your mistakes!” の気持ちを忘れない。
 グローバル社会を生きていく皆さんにとって、英語はもはや学校における勉強の対象というよりも、自分の可能性を広げるために生涯“お付き合い”していくものです。そして、英語の習得そのものがゴールになるわけではなく、英語を使って何ができるようになるかが問われる時代に突入しています。
I wish you all the best of luck!

PROFILE

大六野 耕作

敬愛大学 国際学部国際学科 教授
(前 文部科学省 初等中等教育局 教育課程課・国際教育課 教科調査官)

こうご ひであき
向後 秀明 先生

1986年4月から2008年3月まで、千葉県立八千代高等学校、千葉市立稲毛高等学校、千葉県立千葉女子高等学校で外国語科(英語)教諭。千葉女子高等学校では2005年4月から3年間、スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)研究主任を務める。2008年4月から2010年3月まで、千葉県教育庁教育振興部指導課指導主事。その後、2010年4月から2017年3月まで、文部科学省初等中等教育局教育課程課・国際教育課教科調査官、国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官を務める。2007年に「パーマー賞」(一般財団法人語学教育研究所)、2008年に「千葉県教育委員会教育奨励賞顕彰」(千葉県教育委員会)受賞。2017年4月より現職。

イーオンに在籍した
高校3年生の進学調査

※この調査は英会話イーオンに2016年度に在籍した高校3年生の合格大学、進学先を調査したものです。

 国内の大学(私立大学、国立大学、公立大学)に進学される方が大部分を占め、入試形態としては推薦入試が一般入試を上回っています。AO入試での合格者も51名。また、スーパーグローバル大学(※)に指定されている37大学のうちの28大学に240名の合格者を輩出しています。2020年よりセンター試験に代わる新しいテストが実施され、英語は4技能を測る見通しですが、既にTEAPやTOEFLなど民間の資格試験のスコアを受験者の英語力と見なし、英語の試験を免除とする大学も増えています。大学入試においても、知識を覚える勉強ではなく、実際に使える英語力を早いうちから身に付けておくことが、今後さらに重要になることは間違いなさそうです。
※スーパーグローバル大学:大学の国際競争力向上とグローバル人材の育成を目的として、国が重点的に支援することを決めた大学のこと。

1. 進学先種別( 総数868 名) 2. 試験種別

3. 主な合格大学

≪参考値≫2016年度実用英検 合格者数(イーオン在籍生対象)

大学入学者の声

安藤 由夏 宮崎カリーノ校(宮崎県)

東北大学 教育学部 一般入試

ほそだ ともえ
細田 友恵

いわきラトブ校(福島県)

通学歴:3年
2015年第3回実用英検2級合格

 高校1年生のときは会話中心の外国人の先生のクラスで実用的な英語表現を学び、2、3年生のときは日本人の先生のもとで受験英語を中心に学びました。自宅では受験英語の勉強を中心にしていましたが、自分はリスニングに苦手意識を持っていたので、先生から教えていただいた勉強法(シャドーイングなど)を取り入れて、万遍なく力が付くように気を付けました。
 どのクラスにおいても、基礎をしっかりと固めることができ、その後の応用への足掛かりになりました。授業でわからないことがあったらすぐに日本人の先生に聞くことができ、疑問点を残すことなくレッスンを進められました。また、苦手意識のある分野に関して先生のアドバイスを請うことができ、自分一人ではできなかった勉強法を知り、実践できました。さらに頻繁にカウンセリングがあったので、迷いや不安を共有することができ、先生の意見も取り入れながら自分で問題解決に向かっていくことができました。
 大学では受験英語とは違う、より実践的な英語に磨きをかけて、英語を通して自分の考えを表現し、また他者の意見を受信できるようになりたいです。英語を表現の手段として有効に使って、将来は海外の教育制度と日本の教育制度を比較して、日本の教育行政に活かせるような仕事をしたいと考えています。

すみ野 友美 市原五井校(千葉県)

早稲田大学 国際教養学部 一般入試

すみの ともみ
⻆野 友美

横浜元町校(神奈川県)

通学歴:10年
2015年第3回実用英検2級合格

 小学校5年生からイーオンキッズに入学しました。早くから英語に触れることで、発音やリスニング力の向上につながり、中学に入学したときも何の抵抗もなく英語を学習できました。現在は週1回でAspireという会話クラスを受講しています。
 イーオンに通って1番よかったと感じたのは、学校や塾の授業だけでは上達が難しいリスニングとスピーキングの力を効果的に付けることができたことです。授業が少人数だったので、自分のペースで学習できるということも大きなメリットでした。また、毎週の単語テストも新たな語彙を増やすよい機会だったと思います。進路や志望校の相談等に乗ってもらったり、進路決定後の勉強法や、やるべきことについても多くの意見をもらったりすることができました。何でも聞いてくれるので、日々のストレスの発散もできました(笑)。
 早稲田の国際教養学部には非常に多くの外国人留学生が在籍しており、ほぼ全ての授業が英語で行われるため、必然的にListening、Speaking、Writing、Readingの全ての能力が求められます。さらに母国語が日本語の学生は全員1年以上の留学が必須です。それらのために、留学生ともたくさんコミュニケーションを取りながらさらに英語力を高めていきたいです。また、語学力の向上だけでなく、海外の空気を肌で感じ現地の人や生活を知るという点でも、留学をとても有意義なものにしたいと考えています。

田川 文二 枚方校(大阪府)

名古屋大学 理学部 一般入試

のだ
野田 はるな

かにえ校(愛知県)

通学歴:10年8ヶ月
2015年第1回実用英検2級合格

 現在は外国人の先生のグループレッスンEncounterに週1回通学していますが、以前は日本人の先生のクラスを受けていました。小学生のときからイーオンキッズに通っていたおかげで、リスニングは自分で勉強しなくても大丈夫でした。会話のレッスン中には、日常に使えるような会話表現を学び、たくさん練習するので、入試に出てくる会話文の問題でとても助かりました。センター試験のリスニングは、本当に勉強しなくてもできたので、イーオンのおかげだなと思いました。その他には、1週間に1回、与えられたトピックについて自分の意見を書く練習をしたり、通学途中にずっと英単語を覚えたり英文を読んだりしていました。また、イーオンの先生方にセンター試験の結果や自分の不安などを聞いてもらえたので心が軽くなりました。
 大学在学中にしてみたいことは「留学」です。大学生になった今、受験のために英語を勉強する必要はなくなったので、留学中に外国人と普通に会話できるような英語力を身に付け、海外にたくさんの友達をつくりたいです。

栗本 清灯 天王寺校(大阪府)

大阪市立大学 理学部 一般入試

くりもと すずほ
栗本 清灯

天王寺校(大阪府)

通学歴:1年7ヶ月
2015年第2回実用英検2級合格

 週1回でイーオンに通学していて、外国人の先生と日本人の先生の少人数クラス「GetSet」と「TakeOff」を受講していました。リスニングが苦手だったので、センター試験のリスニングで点数が取れるよう対策したいと思い、リスニング対策には英会話がいいと聞いたのでイーオンに入学しました。レッスンで一番リスニング対策に役立ったのは、シャドーイングです。シャドーイングができるようになると、聞いた内容をその場でもう一度自分の頭の中で再生できるので、きちんと理解して解けるようになり、点数がどんどん上がりました。また、リスニングテストの問題は日常会話が多く、レッスンで習った会話がテストに出てきたりしたので、問題にも取り組みやすくなりました。さらに、自宅学習教材ListeningFundamentals1、2を利用して、リスニング強化をしていました。
 大学在学中は、自身の英語力をより高めるために留学に挑戦してみたいです。そのために、これからもイーオンのレッスンに励み、TOEICL&Rテストでいいスコアを取れるよう英語を引き続きしっかりと勉強したいです。また、卒業後は海外の方と協力しながら研究ができる職業に就きたいと思います。

小林 翔 エキシティ広島校(広島県)

広島大学 工学部 一般入試

こばやし かける
小林 翔

エキシティ広島校(広島県)

通学歴:6年7ヶ月
2014年第1回実用英検準2級合格

 小学校6年生のときにイーオンキッズに入学してから、日本人教師のグループレッスンを週1回で受講し、高校生からはグループレッスンのDiscoveryを週1回で受講していました。受験時期の1、2月だけイーオンを休学しましたが、あとは高校3年生の間も会話クラスに毎週通っていました。単語を一つずつ理解するのではなく、文として理解していくという感覚を断ち切りたくなかったからです。
 会話のレッスンを受け、「話す」ということを学習することで、英語に対して慣れることができ、リスニングテストの際にも構えることなく取り組めました。また、どういう場面での会話なのか、よりイメージしやすかったこともよかったです。自宅では、イーオンのテキストやワークブックの予習、授業で扱うトピックや文法の学習に取り組みました。受験対策としては、赤本を繰り返し解きました。間違えたところは解答を見てまずきちんと理解し、知らない単語や見たことはあっても意味はわからない単語をきちんと調べ、自分専用に作った赤本ノートに書き込み、試験当日まで何度も見直していました。
 大学在学中には、専門用語も含めたよりハイレベルな英語の習得にも取り組み、専攻している情報工学の論文も英語で読めるようになりたいです。また、大学院に入って、その後ソフトウェア開発関係の企業に入社することが目標です。

藤森 信昭 佐世保校(長崎県)

長崎大学 医学部 推薦入試

しげやま こうだい
茂山 航大

佐世保校(長崎県)

通学歴:13年3ヶ月
2014年第3回実用英検2級合格

 5歳のときにイーオンキッズに入学してからずっと、週1回でグループレッスンを受講していました。将来必ず英語が話せなければいけないと思っていたので、週1回ではありましたが、そこで習ったことが今後活かされていくんだと信じて、ここまで長く続けられました。
 英語に触れている時間が長く、レッスンで習った表現などが出てくることがよくあるので、リスニングテストでの内容把握がうまくできるようになり、センター試験レベルの英語なら容易に聞き取れました。学校の授業にプラスして自分で買った問題集の長文問題を解いたり、単語帳や長文に出てきた単語を覚えるようにしていました。単語はCDで発音を確認してレッスン中に使うよう意識していました。また、模試の英作文などもイーオンの先生に見てもらって、どうした方がいいか指導してもらったことも役に立ちました。
 大学在学中に、できることなら海外での研修に参加したいです。そのためには英語での面接をクリアしないといけないので、今後も英語の勉強を継続していき、また、大学の講義が休みのときに、短い間でもいいから、日本語が通じず英語でないとやっていけないような国に旅行して、英語をたくさん話したいと思います。

TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.
TOEFL is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.

このページの先頭へ戻る