A・can エイ・キャン英語脳を刺激するWebマガジン

TOEIC®テストの殿堂
ここはTOEIC®テストの達人が集まる“TOEIC®テストの殿堂”。
カタカナConfusion
普段は普通に使っているカタカナ語。これって英語なの?
Lars&MotokoのN.Y.通信
エネルギッシュで好奇心旺盛な二人からNYのホットな情報をお届けします!
英語力をアップさせるために知っておきたいこと
英語の力をほんとうの意味で伸ばすためには。
英語力アップの学習法
「隙間時間」を上手に使い楽しみながら簡単に行える学習法をいくつかご紹介。
私の英会話生活
始めてみるとワクワクする英会話のある生活
LINK

信頼されるビジネス英会話は、正確な英語力と多彩な表現の習得がカギ! 君嶋 豊 先生 Yutaka Kimishima イーオン東京本社 教務課

近年、日本の企業は規模の大小を問わずグローバル化が進み、海外進出や外国の企業との取引が増加しています。その現場において最も必要とされるのは、海外の取引先や顧客に信用され、商談や交渉などがスムーズに進められるレベルの英会話力です。

日本とアメリカ、両国の企業で働いた経験を持つ君嶋先生は、ビジネス英会話を学ぶ必要性や双方の国のビジネスマナーの違いなどを実感し、試行錯誤しながらビジネス英会話のスキルを磨いてきました。

これからビジネス英会話を学びたいと思っている人はもちろん、今、ビジネスの場で英語のコミュニケーションに苦労している人も、君嶋先生の経験談とアドバイスから上達のヒントが見つけられるはずです。

ビジネス英会話が必要だと気づいたのは、働き始めた当日

私はアメリカへ留学した後、日本で働いてから再渡米したのですが、それまでビジネス英会話というものを特に意識したことはありませんでした。

ところが、アメリカの会社での初日から、自分の英語に迷いが生じたのです。私はオフィスの入口に近い場所に席を与えられ、来社する取引先から宅配業者まで応対しなければなりませんでした。そのとき、自分は英文が作れて英語が話せるけれども、応対する際の英語は本当に丁寧なのか、相手によっては失礼だったり弱々しく聞こえたりしないのか、電話の応答はこれで正しいのかなどと、その時々のビジネスシーンに合っているのかどうか疑問を感じたのです。

それでも当時、知っている限りの丁寧な表現を駆使していたところ、飛び込み営業の人にまで丁重に応じてしまっていて、やたらと礼儀正しい人だと思われてしまいました。さすがに上司から「もっと効率よく」と言われ、それぞれのシーンにふさわしい多彩な英会話表現、つまり、ビジネスで使える英会話の重要性に気がついたのです。

君嶋 豊 先生 Yutaka Kimishima イーオン東京本社 教務課

正確な英文を作って相手に伝えられるレベルを目指そう

「ビジネス英会話は特別なもの」と思い込んでいる方は多いのですが、日常英会話とビジネス英会話は、木にたとえるなら幹の部分は同じで枝葉が違うだけ。日常英会話と異なる点は「ボキャブラリー」や「マナー」であり、文法上の違いはありません。

しかし、ビジネス英会話を初めて学ぶ方は、まず正確な文章が作れるレベルを目標にすると良いでしょう。厳しい言い方をするならば、ブロークン・イングリッシュしか話せない人には「仕事は任せられない」と判断されてしまいますから、相手との信頼関係を築くためにもきちんとした文章で話せる英語力が必要なのです。

そして、英語の骨組みや構文をしっかり身につけた上で、プラスアルファの表現ができるレベルを目指しましょう。

初対面では名刺交換よりもアイコンタクトとガッチリ握手

マナーにおいては、たとえば初対面の挨拶のときに、日本ではとにかく名刺を渡さなければとまっさきに名刺入れを探すことが多いかもしれませんが、欧米では名刺の交換よりも目を合わせて握手することが優先されるのです。しかも、日本人は手を軽く握りがちですが、やや痛いほどガッチリ握るほうが礼儀にかないます。

私も握手に慣れない頃は力の加減がわからず、相手の動作の勢いにつられて、よろけてしまうこともありました。相手の力を受け止めるように胸を張り、一歩踏み出して握手するようにしてからは自然にできるようになりました。

君嶋 豊 先生 Yutaka Kimishima イーオン東京本社 教務課

日本人にありがちな思い込みとウィークポイントは?

日本人に多いのは、相づちを打ちながら"Yes, Yes, ..."と言い過ぎること。また、何でも" Please ..."を付ければ丁寧だと思っている人もいますが、実はかなり直接的で、命令に近い印象を持たれることもあります。ビジネスシーンでは"I was wondering if you could ..."や"I would appreciate it if you could ..."といった婉曲な言い回しを非常によく使います。

また、商談ではネイティブに一方的にまくし立てられて主導権を握られる方も多いかもしれませんが、特に交渉などの場では必ずこちらが会話のイニシアティブを取れるといいですね。そのためには相手の発言を整理しながら、しっかり理解し、別の表現に言い換えて確認しながら話を進めるとリードしやすくなりますよ。

接待などの場なら、スモールトーク(雑談、おしゃべり)がコミュニケーションの円滑油ですね。アメリカだけでなく、どこの国も同様ですが、政治・宗教・人種などは話題にせず、相手のプライバシーには深く立ち入らないで、相手を楽しませる一般的なトピックが不可欠ですから、ジャンルに関係なく幅広い興味をもつよう心掛けたいものです。

意識することでビジネス向けの表現は増やせる

ビジネス英会話を身につけるには、まず日常英会話において基本的な英文の作り方を学びつつ、並行してビジネスマナーや表現を習うのが理想的ですが、日常英会話の学習でも、ビジネスシーンに置き換えて単語を入れ替えるといったトレーニングができます。

普段の仕事の場でも「こういうときは英語で何と言うのだろう?」と考えたり、電話の受け答えを英語で想定したり、海外からのe-mailの参考になる表現を書き留めたりすることも勉強になりますね。

また、海外ドラマのビジネスシーンには、上司と部下のやり取りなど実用的な会話が豊富です。時事問題を扱うニュース番組やウェブサイト、新聞・雑誌なども活用し、ビジネス英会話のナチュラルな表現をたくさんインプットすることが上達への第一歩です。

A・can TOPへもどる Teachers 一覧ページへ